VPS業者の選び方

FX業者に口座を開設して入金をすると、一応、MT4を動かして実際の売買をすることができます。ただし、EAを動かして「自動売買」させるためには、MT4を常時動かしていなければなりません。通常のローカルPCでは非現実的です。自宅でサーバーを立てられる方はそうはいないでしょうし、サーバー代や電気代等も別途かかります。
ここで最適の選択は、VPSの利用です。VPSとは仮想プライベートサーバーの略で、要はインターネット上に自分のFX自動売買用のサーバーをレンタルすることです。

現在、日本系のFX用VPS業者では、「お名前.com」が最も有名ですが、最近の注目は、「ABLENET」です。その他、「使えるネット」「GMOクラウド」などがあります。筆者は、ABLENETとお名前.comの両方を使用しています。

結論

筆者独断のおすすめは、ABLENETの「Win2プラン:2GB:Windows2008R2:SSD」または「V2プラン+Windowsサーバーオプション:2.5GB:Windows2008R2:SSD」です。筆者は、「V2プラン+Windowsサーバーオプション:2.5GB:Windows2008R2:SSD」で10枚程度のMT4をEA毎に複数稼働させています。2.5GBのメモリとSSDで超快適、非常に満足しています。

各業者のスペックは以下の通りです。

お名前.com デスクトップクラウド for FX

プラン メモリ1GB メモリ2GB メモリ4GB メモリ8GB
初期費用 初期費用無料
1ヶ月契約
(以下金額は税抜)
2,400円 4,660円 6,500円 14,000円
6ヶ月契約 13,440円
(2,240円/月)
26,772円
(4,462円/月)
37,920円
(6,320円/月)
81,480円
(13,580円/月)
12ヶ月契約 25,920円
(2,160円/月)
50,229円
(4,186円/月)
72,480円
(6,040円/月)
154,560円
(12,880円/月)
24ヶ月契約(日本サーバー) 42,743円
(1,781円/月)
88,458円
(3,686円/月)
134,171円
(5,590円/月)
292,488円
(12,187円/月)
24ヶ月契約(米国サーバー) 50,140円
(2,089円/月)
97,356円
(4,057円/月)
135,798円
(5,658円/月)
同上
36ヶ月契約 74,210円
(2,061円/月)
144,091円
(4,003円/月)
200,985円
(5,583円/月)
432,892円
(12,025円/月)
Microsoft Office + Visio (2013 or 2010) 2,600円 / 月
Microsoft Office (2013 or 2010) 1,800円 / 月
メモリ 1GB  2GB  4GB  8GB
ディスク容量 50GB 100GB
回線速度 100Mbps共有
OS Windows Server 2012 R2 / 2008 R2
データセンター設置場所 日本/アメリカ
データ転送量 無制限
スマートフォンアプリ 標準装備
コントロールパネル 標準装備
MT4(FX自動売買ソフト) インストール済み
FX自動売買入門書 無償配布(PDFインストール済み)

お名前.com デスクトップクラウド for FXの申込は、下記バナーをクリック↓


ABLENET

V0 V1 V2 V3 V4 Win1 Win2 Win3 Win4
初期費用
(SSD)
(HDD)
934
同上
1,500
0
2,839
同上
3,791
同上
5,696
同上
1,800
0
3,700
1,886
4,900
2,839
7,800
4,743
(年払い時)
月額
458 934 1,410 2,839 4,743
1,600 2,077 3,696 5,505
年払合計 5,486 11,200 16,915 34,058 56,915 19,200 24,915 44,343 66,058
(半年い払時)
月額
553 1,067 1,600 3,029 5,029 1,791 2,267 4,077 5,981
半年払合計 3,315 6,400 9,600 18,172 30,172 10,743 13,600 24,458 35,886
月払い 648 1,220 1,791 3,315 5,505 1,981 2,553 4,362 6,458
仮想CPU 1コア 2コア 3コア 4コア 5コア 2コア 3コア 4コア 5コア
メモリ 0.5GB 1.5GB 2.5GB 4GB 8GB 1GB 2GB 4GB 8GB
ディスク容量
SSD
HDD
30GB
50GB
40GB
100GB
60GB
200GB
100GB
400GB
200GB
800GB
60GB
100GB
120GB
100GB
150GB
200GB
150GB
200GB
回線 200M 共用
IPv4 1個
IPv6 65536個
転送量 無制限
その他 V1~V4はWindows Serverオプション:1,000円/月額
「V1~4プラン+WindowsServerオプション」と「Winプラン」は、内容的には同じです。ただしメモリ容量と選択可能OSが異なります。
Winプランの選択可能OSは、WindowsServer2012R2/2012/2008R2
Vプラン+Windows Serverオプションの選択可能OSは、WindowsServer2012R2/2012/2008R2/2008, Linux

ABLENETの申込は、下記バナーをクリック↓

Windows Server OSの選び方

Windows Server 2008はWindows Vistaに対応しているのに対して、Windows Server 2008R2はWindows7に対応しています。
WindowsServer2012/2012R2は、Windows Server 2008/2008R2よりも新しいOSですが、その分メモリの使用量が大きくなります。MT4だけ稼働させるためには、サーバーOSの最新機能は必要なく、一方でOSがメモリをたくさん使用するのはデメリットといえます。
なお、Windows Server 2008R2のサポート期限は2020年です。
結論として、FXの自動売買用VPSに適したサーバーOSは、当面は(2020年までは)、「Windows Server 2008R2」であると考えます。