海外ノマドライフをめぐる2種類の資産

airplane

「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」等の著書で知られる橘玲さんは、著書で「人的資本」の発想を紹介しています。この発想は、金融資産だけでなく、『自分自身』も金融価値を生み出すものとして管理しようというものです。

asesets

定期的な給料や報酬を得る自分自身は、「人的資産」として、「金融資産」と同様にキャッシュを生み出す源泉となります。私は、橘さんのこの考え方を10年以上前に知り、その後の人生のデザインにとても影響を与えたと思っています。

私が理想と思う生活スタイル「海外ノマドライフスタイル」でも、資産を「人的資産」、「金融資産」の2つに分けます。海外に拠点を移すことで、人的資産の環境としては:

  • 国際業務スキル
  • 国際経験
  • 人脈
  • グローバル発想力
  • 外国語スキル

等の向上を得られるメリットを享受できるため、人的資産の価値を上昇させ、給料や報酬のキャッシュ・インを増やすことができます。

一方、金融資産の環境としては、海外に拠点を移すことで:

  • 日本の金融規制の対象外であること
  • キャピタルゲイン非課税(国による)

等のメリットを享受でき、金融資産の収益性を向上させ、こちらも運用収入のキャッシュ・インを増やすことができます。

つまり、海外に拠点を移すことで、人的資産・金融資産の両方について、キャッシュ獲得の能力・レバレッジを上げることができるわけです。

なお、海外に拠点を移すことで、日本円に偏らない資産を構成することもできます。

以下の参考記事もご覧になって下さい。

海外ノマドライフのFX
海外居住者がFXで有利な理由
FX自動売買の始め方